あたまの中  −すっかり頭がボーっとしたまま 肘部管の話題はもう終わっちゃったみたいです−

肘部管についての詳細はカテゴリの肘部管症候群にややまとめてありますのでご覧ください。
答えられる範囲での回答もしますので、お気軽にコメントください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
大泣き
 大泣きしたワケ、

それは、とある大好きな文章を書く人の相当追い詰められた日記を読んだ後に、

とある大好きなコミュニティの、みんなのあたたかい気持ちに触れた時に心のやわらかい場所をギュッと掴まれてしまって、震えてしまったからだった。

諦めないと決めて続けている副業にて、思うような行動&結果を出せていない現在。

真剣に悩みつつも、本当に中途半端な事しか出来ていない私。

その状況は、ただただ厳しく、ただただふがいない気持ちがいっぱいになっていた。

貴方との交流さえ、上手く行ってない。

それだけでも心が、悲しく小さなかたまりになりつつあって。

どんどん追い詰められる中で触れられてしまったその部分。



冷静に考えてみれば、自分のアホさゆえにしかすぎない。

貴方の事にしてみても、貴方が私と一緒には過ごせないと決めたその時から、どんなにまがってしまった付き合いであっても、つなぎとめていきたい私と、そうは出来ないと想う貴方との距離は、離れるばかりだとわかっていたのだ。

私に希望を抱かせてしまったこと、きっと貴方は苦しいほどに後悔して、少しずつ少しずつ、離れているのに違いない。

そうしてでも、どうしてもこの距離以上は離れることが出来ない私たち。


そんな小さな大切な事と、上手くいかないほかの事達とで、私はやっぱりいっぱいいっぱいだ。

本当に、どんなに傷ついてでもいいから、離れないでいてほしい。。
そうとしか思っていない私が、貴方は怖いのだろうね。


本当の優しさが欲しい多くの人たち。

本当の優しさがなんなのか、理解も出来ない私たち。


本物だけが欲しいのに、偽物ばかりに目を眩ませている。



私はどんなに遠回りしてでも、私の目標だけは見失わない。
そう心に決めて、ただただ、遠回りなこの道筋を、迷いながらも猛進していくだけだ。


だって言ってたじゃないか。

私は、大丈夫だって。

大丈夫なんだって。
 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://xxxoasisxxx.jugem.jp/trackback/654
<< NEW | TOP | OLD>>