あたまの中  −すっかり頭がボーっとしたまま 肘部管の話題はもう終わっちゃったみたいです−

肘部管についての詳細はカテゴリの肘部管症候群にややまとめてありますのでご覧ください。
答えられる範囲での回答もしますので、お気軽にコメントください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
肘部管症候群 その後
手術してから2年11ヶ月を終えました。

期待していた痺れの完治は…
結局は若干残ったままだけど。

私の社会生活には殆ど支障なく、痛みなどもないので幸運を感謝してます。

傷痕も案外薄く。
これは保護しつづけた3Mテープのおかげなのだろう と解釈しています。


気になるのは、人気のある整体の先生に言われた言葉…

切ってしまったらもう整体で施術する意味がない、切る前に来たら良かった…


っていうの。

もしも切らずに整体で完治出来たなら、痺れも治ってたのかな。

これからオペをするか悩んでる方がおられるなら、整体師さん出来るだけ評判のある方に相談されてみてはどうだろうか。

でも、整体だと、手術よりも時間かかりそうだよなー…

治療法の善し悪しも、個人差は必至。

以上、肘部管症候群の記事再発や痺れの完治がない限りは恐らく書く事もないと思いますのでまとめとします。


肘部管症候群を患われ、訪問された方々。
完治なさいますようお祈りしております。
肘部管症候群 comments(0) trackbacks(0)
術後5ヵ月( 肘部管症候群)
※mixi日記転載です…

1カ月半ぶりの診察。
早いもので、術後5ヵ月を過ぎた。
職場復帰してからも、既に3ヵ月を過ぎて、随分調子もいい。


前回の受診の時に後退していた握力。
16キロが→20キロに〓

成人女性の平均にはまだまだですが、退院時には7キロだったから、確実に治ってきています。

ちなみに、数ヶ月前に左手の握力は、25キロだったのだけど、

右手をカバーし続けた左手さんの握力は、30キロになっていた…〓
先生「普通の女性より強くなったねっ(笑)太くなったんぢゃないのっ〓」

だと…〓(笑)


おかげさまで左手も元気です〓〓


気になる指の力も、動きも、順調に正常になっています。
仕事もほぼ支障なくこなせています。

相変わらず痺れはあるし、完全に痺れなくはならないらしいのですが。
支障なければ、いいのだと、思うことにします〓〓


応援頂いた友人の方々。
ありがとうね〓
肘部管症候群 comments(4) trackbacks(0)
不養生−肘
最近、よく出かけていたから、母とお風呂のタイミングがズレて。。
3Mテープを替えるタイミングも見失っていて。

今日はテープも包帯も無しで出勤した。。

連休の為、商品を多めに発注していたから、入荷も沢山。。

商品を売り場に配置していたら、肘がゆるゆるしてきた。

痛い。

いつも母にテープを貼って貰う(感謝)
自分で貼ると、どうしても偏るようで、つっぱって傷が痛むからなのだけど。

さすがに痛くて。
休憩時間に自分で貼って、包帯を買ってしっかり巻きつけた。


それだけで、全然違う。痛みが和らぐ。

テープと包帯。
寒い時期、これだけでもかなりな保護になるんだろうねぇ。。

テープの大切さを思い知ったのでした。

皆さんも気をつけて・・・。
肘部管症候群 comments(8) trackbacks(0)
術後、3ヶ月と2週間(冷え)
ちょと、野暮用があって、早めに病院へ。

3週間ぶりくらいに握力を計ったら、なんと、、、、、

下がってた・・・汗

握力:16kg (2kg減かよ。。。

いつものように、先生、

「もうちょっとっ!頑張ってっ!」

などと、声をかけてくれるものの、実はこの数日前くらいから、肘に微妙な痛みが存在。

ギューっと力を入れると、痛くて力が入らない感じなんですよね。

しかーし。。。。

そうではあっても、神経さんはしっかりと治ってきてくれていて。

指の横の動きはかなり完璧に近い。

第一関節を内側に曲げる力も出てきた。

私「えっ。。。アタシ後退しました・・?!」

先生「いやいや!これだけ指が動いてるんだから、それはない。ただ、湿気とかによってかなり作用されるからねぇ。(握力は)」

と・・・。

恐らくね、握力自体が後退してしまった原因は、冷え。

ここ暫く、寒かったんですわ。

っていうか寒くなって当たり前な時期だよねー。

やっぱり、冷えは大敵だったのね。

了解ですっ。


こういう違いがあるのは当然。と思って、精進いたしますわ。
肘部管症候群 comments(2) trackbacks(0)
肘部管、手術後3ヶ月
はいっ。
昨日、術後3ヶ月の診察に行ってきました〜。
この元気っぷりから想像がつくかもしれませんが、、
先生がまたも喜んでくれる結果でしたw
ワーイw

術後3ヶ月強
握力:18kgぴかぴか

一ヶ月ごとに、5kgずつ増えていく。。
術後一ヶ月の頃から比べると、劇的な変化!と、先生が喜んではりましたが、
傷の見た目的には、やけに赤いな・・と不安顔なセンセ。
でもなぁ。本当、痛みが随分、ここ最近 あれ?ってなくらい、減ったのよぉ。
そして、指の力も日に日に入って、、
てのひら、広げた時に、指がちゃんと広がったり、お箸がやっぱり案外上手になってるし、いい結果だね!と、先生が満面の笑みでした。
センセ、アタシも嬉しいよ。

痺れについては、まだまだです。
そしてアタシの肘から指先まで、初めてはかったのだけど、40センチあった・・w
先生が驚いてらした。。
一日1mmなので、400日かかるのだよ。
焦ってもしゃーない。
今だいぶ力も入れられるし、肘が落ち着かなかったついこないだまでみたく、
ぺこぺこゆるゆる とかならないし。
つっぱった感じになったり、手の動きが多少悪くなっても、使ってていいって言われたし。
ドーンと使ってまいます。


そんで、ダンベル体操OKでた!
よし!
肘部管症候群 comments(2) trackbacks(0)
お箸
うっ。。

ほんとかなり波が激しいアタシ。
ここ最近も、薄くなってきていた傷に、赤身が増してきてたり、
不意にギュッと力を込めた時やなんかに少し強い痛み、なんか傷が少し裂けた・・?みたいな感じ なのがあったり、不安だったのですが、、

今日ね、朝食の時にはよくわかんなかったのだけど、
出先で外食した時に、


お箸がだいぶまともに動かせた・・・・・・w


ちょっと、感動した。。。w
いや、、めちゃめちゃ感動だったのよぉ〜〜〜。。


そっかそっか。。。
毎日本当に、行きつ戻りつしてるような感じで、不安だったけど。。

こうして、見えない神経さんは、治ってきてくれていたのね。。。(涙



1ヶ月単位とかしか、気付けなかったりするけど、
最初より、確実に治ってきてるんだよね。。

たぶん、今後も、同じように「行きつ戻りつ」してる様子を、
書き残して行くけど・・・。(ありのままって事で。。

確実に、治ってきている

のには、間違いはない ってことで。。
ご理解くださいな。。


そして、テープを貼っているので、裂ける心配はない・・・はず・・
と、思いつつも、ただクシャミしただけで ピキッ・・・と裂けたような痛みが走った傷さんは、
恐らく、最近しっかりかかっている電位治療機 の、影響ではないか と、思う。
あかみがかってるのも。

細胞が、細胞が・・。アレだから。
って、よくわからんけど。

この電位治療機のお話し、もしもアタシが、確実に体調が良くなった!
って、いえるようになったら、また紹介するねぇ。。
かかりはじめな今言っても、宗教っぽく、宣伝っぽくしかならないだろうから。
って、言ってるそばから怪しいけど。(とアタシも思ってます。

その会社の人が言うには、術後の経過、「治るのにもしも1年かかるならば、
半分でいい結果が出ますよ。」らしいです。
実験です。
肘部管症候群 comments(6) trackbacks(0)
日々に、差あり
仕事を始めて気付いた。
日々、調子が良かったり、悪かったりするのは、復帰する前もそうだったけど、
落差が案外激しい。
ついさっきまで出来ていた事が、やりづらくなったり、
一日の中でも、握力が落ちているように感じる事があったり。
この使いすぎ的感覚は、なんなのか。
先生に聞いてみたいと思ったけど、
仕事が休みな本日、先生もお休みだった。ちぇっ。

ダンボールを数回抱えた日から、調子悪。

テープを貼りかえるために、外して、鏡に映してみたら、
なんだか傷口の真ん中が 青い。
あおたん?
なんだろ。。コレか?調子の悪い原因は。。。。

これをまた淡々と上向きに調子を整えていく。
それは、そう難しい事ではない。出来る事。
なのだけど、凹むのです。
肘部管症候群 comments(0) trackbacks(0)
肘と手の調子
職場復帰して一週間目。
肘の痛みは少しキリキリする程度。
曲げ伸ばしにまだ支障があるものの、動かせます。
例えば、体操の時など、真っ直ぐにする場面で、真っ直ぐには伸ばせない とか、
日によって痛みが増したりとか、落ち着かない右肘ちゃん。
かといって、動作にそれほど問題はない。

手の指は、手術前よりはかなり良い。
字を書く、箸を動かす、など細かい動きに少し無理があるけど、
札勘(紙幣を数える)や、包装の細かい指の動き、紐かけ(紐で包装した箱をくくる作業?w)も、正常な時に近い動作で行える。
これだけ出来るようになっただけでも、はしゃぐほど嬉しかったりします。
これから、もっとよくなるんだと思うと、待ちきれないほど。。w

肘部管とはまったく関係ないけども、右足の捻挫もだいぶマシになってきた。
ヒールの低い靴を買ったのだけど、それがまた合わなくて。。
靴が合わないって、かなりストレスだよね。
かかとが破れたし!むぅ。
早く靴が馴染むといいなぁ。。また買うのは憚れるし。。

安定しきれていない右肘は、あと1ヶ月弱でほぼ安定するのではないかと思う。
楽しみなのです。
肘部管症候群 comments(5) trackbacks(0)
肘部管症候群−術後約2ヶ月
久々に病院、行ってきた。
今日の診察では先生、大喜びしてくれるほど、いい結果のようでした。

握力は、13kg。。やはり痛みを伴うけど。
はかるとき、ぎゅーっと一生懸命力を入れてると、
先生「おおっ。もうちょっと。あと少しっ。おぉっ。がんばってっ。」
ってw
で、後で一言「ビリーズブートキャンプじゃないんだからねぇw」
って、自分で突っ込んでたw
この先生、大好きですw

そして指の力。
「やっぱり、随分良くなってる〜」
って、先生嬉しそうで。
良かった良かった。。。

「どうやってリハビリしたらこうなった?」
と、興味深々でした。。

暇さえあればボールにぎにぎ。してたし、指の横の動き、練習したり。
でも、実は7日頃からすごく忙しくて。あんまり時間とれなくて。
でもでも、10日頃、実はすごく調子がいい事を実感したんだよね。
7日から9日の3日間、パタパタとのんびりした良い時間を過ごせて、
リフレッシュできた事が、凄く大きいと、感じた。
身近にある自然を沢山、これまで以上に感じられた事とか、
身体も心も、自然に動かされるほど、良い時間だった と。

そしてあれよあれよと言う間にお盆。
お盆、先日書いたように、うちは忙しい。
お仕事に出ても忙しいのだが、おうちにいてもやっぱりだいぶ忙しかった。
気付けば右腕がダルくて、動かすと調子悪いってくらいだったけど、
母も超多忙、アタシもやるしかなくて、頑張ってたら、なんとかこなせた。
代々先祖の仏様があるおうちは、これが普通なんだろうなあ。。
こんなにやれるなら、仕事だって出来るっていう自信が出来たし。
ほんと、良いお盆を過ごせたなぁと、思う。

もう家事も何でも出来るし。
後はやっぱり、指の力の強化。
日々の生活にリハビリがある。

そして、人生においても、日々の生活に掴んでいくチャンスが、沢山あるのだと思う。
生活を怠らないように。頑張ります。

ご心配かけてしまった方々。
ありがとうございました。
まだ完治には程遠いけど、元気にやってます。
これからはもっと、頑張れます。
肘部管症候群 comments(6) trackbacks(0)
手術日一日(おぼえがき
全身麻酔だからか、手術前日の夜から絶食。
看護師さんが定期的に検温にこられる。
手術についての説明などされる。

当日、夜から引き続き絶食。
私の手術は15時半ごろから。
手術の時脱ぎやすいように、病院から借りた浴衣みたいなのを着る。
下着はパンツのみ。
9時、手術部位の剃毛。右腕から手にかけて全体。
素早く済ます看護師さん。。が、ちくちくして痛かったなぁ。。
剃毛には、手術時に細菌が入らないように等の意味があるとの事。
11時に安定剤を飲む。
12時より点滴を開始。
恐らく、抗生剤投与。
腕を動かしてもいいように、手の甲に針を刺す。
安定剤のせいか、既に頭がぼんやり。
うつらうつらしつつ、手術時間を待つ。

15時半。手術のお迎え。
移動できるベッド?に寝る。
どうやって移ったかうろ覚え。。自分で横になったのか、人に抱えられたのか。
廊下を通過して、手術室へ。
バタバタと周囲が騒がしい。
やはり朦朧としていたのだけど。
手術室の中の事を殆ど覚えていない。
たぶん入り口辺りで手術準備の為、浴衣を脱いで手術用の薄っぺらい2枚の布に挟まれた気がする。うすーいサンドイッチ。
ショーツを脱いでもらっていいですか?と看護師に言われたが、
この日はブルーデイ。。と伝える。
手術前にすごく気になっていたから、ブルーデイ開始と共に病院へ連絡して聞いておいたのだけど、やっぱり普通は全裸かよ!と、朦朧としつつも思ったw
全裸どころか肉を切り裂いて中身。。骨まで見られるわけだし、
手術なのだし、気にしてもしょうがないのだけど、
ジョッスィとしては微妙な心境です。。

シーン一齣ずつ、が頭をよぎる程度。
その他何をしたかも覚えてないけど、
手術室へ入室して5分もしないうちに、点滴の針から麻酔を入れたのだろう、
眠っているうちに手術は終わってました。

夜7時頃だろうか、目が覚める。
やはりこの時点でも朦朧としている。
気がつくと尿の管を入れられていた。
目覚めは最悪です。
手術部位の右手には局部麻酔がしてあり、手術の痛みは全くなかった。
左手で触ってみると、別の人の手のようだった。
最悪な目覚めだったのは、尿道に入れられた管のせいで、
「めちゃめちゃおしっこがしたいけど出ない。」
と言う感じの痛さ。
膀胱炎になった時の感じに近い。けど、それがぎゅっと押し込められたような詰まった痛さ。
ここから翌日の朝9時ごろまで、見周りに来た看護師の方に何度も抜いて貰えるようお願いするほど気持ち悪かった。。w
朦朧としつつ、うつらうつらしては気持ち悪さに目が覚める。
おなかをマッサージしたり、管を真っ直ぐにして流れを良くしてみたり。
看護師の方が言うには、おしっこは問題なく出ている(袋に溜まっている)から、
我慢してくださいねー。なのだけど、あの気持ち悪さは比較し難く。
ナースコールも2回したし、、朝7時に、母に電話した気がする。
SOSでした。(情けない
そう。この手術で一番辛かったのは、管を入れた事かもしれないw
この痛みって人それぞれだったり、もしかしたら挿し方に問題があったのかもしれないし。
人に聞くと、入れてる感覚やおしっこが出てる感覚も殆どしないし平気だったよと言う方も多かったです。

手術翌日も抗生剤を点滴。
お昼頃からはさすがに麻酔も切れていたようで、傷の痛みが。
食事を出来たのも昼からだった気がする。
そういえば、当日夜 や 翌日朝 も、食事しますか?と聞かれたが、
全く食べれなかった。
点滴していた抗生剤は、おなかを下すらしく、
おなかがずっと痛かったのね。
たぶん3日間くらいずっと下痢だった。

そして悲劇。
元々薬アレルギー体質なアタシは。
術後の痛みを緩和する為の痛み止めに副作用反応が。
よって、それ以降、痛み止めを飲めずじまい。
痛いからっ。


正直、手術初体験の為、少しワクワクして入院したoasis。
初めての手術の感想は、管大嫌い。に尽きるかと。

でも、全身麻酔だったからってのもあってか、それ自体の痛みは我慢できる程度のものだったと言えるでしょう。

手術、いい事書いてないから、これから手術する人には辛いかな・・?
でもね、アタシ手術前にネットで散々調べたけど、
知りたかった事がほとんど書いてなくて不安だったのよー。
これを読んで決意を新たに挑めば少しは緩和されるかもですょ。
ファイトです!
肘部管症候群 comments(0) trackbacks(0)
| 1/5 | >>